Grape ブドウ

grape

大きさ、色、品種が多様種なし、皮ごとが人気

世界で親しまれるブドウは、生食のほかワイン、干しブドウなど用途が広いです。ワインに適したヨーロッパ系、耐病性のあるアメリカ系がありますが、生食用はヨーロッパ系とアメリカ系の掛け合わせ品種が多く誕生しています。特に最近は、皮ごと食べられる品種で、特に果粒が緑の青系品種が人気です。サン・フレッシュグループでは、人気の青系品種の他、紫黒の黒系、赤紫の赤系を数多く取り揃えています。

  • 選び方

    • 皮にハリがあり、粒の大きさが均等でよく色づいているもの
    • 茎の色が緑で太く、切り口が新しい物
  • 栄養

    甘みと酸味をバランスよく含んだブドウの主成分は、果糖やブドウ糖などの糖類です。糖類は体内に吸収されるとエネルギーになり、疲労回復効果に期待できます。また、カリウムを比較的多く含み、ナトリウムの排出を促すので、血圧を低下させます。果皮の色の違いは、皮に含まれるアントシアニンの量によるものです。アントシアニンは活性酸素を抑える働きがあるポリフェノールの一種で、黒や赤の皮品種に多く含まれています。

ブドウのおすすめ品種Pick Up

  • 巨峰

    濃厚なブドウの王様です。果皮は紫黒色で粒が大きく、糖度も高くジュージーで食味が優れています。あまり知られていませんが、正式名称は「石原センテニアル」です。

  • デラウェア

    種なしブドウの定番として、古くから一般的に親しまれています。果粒は小粒でも、強い甘さと酸味があり、特有の芳香があります。名前の由来は、アメリカ合衆国デラウェア州生まれから。

  • ピオーネ

    糖度が高くさわやかな酸味で風味が良いのが特徴です。巨峰より大きく、一粒のボリュームがありますが、口に入れるとツルンとむけるため食べやすいです。

  • シャインマスカット

    種なしで皮ごと食べられ、爽やかでジューシー。プリプリとした食感が楽しめる日本生まれの人気のブドウです。

  • ナガノパープル

    長野県オリジナルブドウです。巨峰やピオーネに比べてやや小さいですが、皮が薄いため皮ごと食べられるのも魅力です。果肉はややかたく、歯切れが良いです。甘みは強く酸味がおだやかです。

  • 甲斐路

    赤系の大粒といえば「甲斐路」です。果肉は締まっていて、甘みは強いですが酸味は少ないです。皮がプリプリで皮ごと食べるのがおすすめです。日持ちするので、お土産などに好まれます。

  • 紅伊豆

    皮はツルっと簡単にむけ、皮をむくと果汁があふれるほどジューシーです。果肉はやわらかく、とても甘実が強いです。

  • レディーフィンガー

    細長い粒が、まるで女性の指のようにも見えることから、「レディーフィンガー」と呼ばれます。別名「ピッテロビアンコ」。種がなく、皮ごと食べ、果肉は締まってプリっとした食感です。酸味が少ないやさしい甘さの白ブドウです。

  • マニキュアフィンガー

    指にマニキュアをした感じから、この名前が付きました。皮はパリっとしていて薄く、皮ごと食べます。果肉は締まっていて歯ざわりよく、ほどよい酸味がアクセントです。

  • 瀬戸ジャイアンツ

    大粒で薄皮の甘酸っぱい種なしブドウです。岡山県産などは、「桃太郎ぶどう」という名前でも販売もしています。

ブドウQ&AQuestion

皮の表面に白い粉が粉状のものが付いているが、農薬?
この白い粉状のものは「ブルーム」というロウ物質で、ブドウが外的要因から実を守るために作り出した保護物質なので、食べても問題ないです。

ブドウの豆知識Knowledge

  1. 保存は軸から切り離す
    房のまま保存すると、房に水分を奪われシワシワになるため、キッチンばさみで軸の部分を1粒ずつ切り離して保存します。
  2. 冷やし過ぎはNG
    冷蔵保存したものを食べる際は、20~30分前に冷蔵庫から出して食べると、甘みを感じることが出来ます。

注目の野菜・フルーツPick Up

  • トマト

  • 桃(モモ)

  • メロン

  • 枝豆(エダマメ)

  • トウモロコシ

  • 梨(ナシ)

  • パプリカ

  • ズッキーニ

  • ピーマン

  • 茄子(ナス)

  • レタス