Green Pepper ピーマン

22917162_m

色によって異なる味と栄養の豊富さが魅力

ピーマンはトウガラシを改良して辛みを除いたもので、未熟な緑色の状態で収穫します。ちなみにピーマンという名前は、フランス語で唐辛子を意味する「ピマン」が語源です。現在流通しているピーマンは改良が進み、以前に比べるとピーマン特有のクセが減り、子どもでも食べやすくなっています。近年は完熟させたカラーピーマンがさらに食べやすく、人気があります。βカロテン、ビタミンCやビタミンEなどが豊富ですが、特にビタミンCは、レモン並みの量があります。しかもピーマンに含まれているビタミンCは熱に強いのが特徴です。

  • 選び方

    • 表面にシワがなく、ツヤがあるもの
    • 全体にハリがあり、肉厚なものがおすすめ
    • ヘタがピンとしていて、肩が張っている(いかり肩)もの
  • 栄養

    ピーマンの種とワタに含まれる成分には、独特の青臭さのもとになっている「ピラジン」があり、血液をサラサラにする効果があります。一般的なビタミンCは加熱するとかなり減ってしまいますが、ピーマンのビタミンCは加熱しても減りにくいため、あまり損失なくビタミンCを摂取することが出来ます。また、ピーマンに含まれるカロテンは油との相性が抜群に良いので、ピーマンを油で炒めると体内吸収力が高まります。

ピーマンのおすすめ品種Pick Up

  • 赤ピーマン

    (緑色の)ピーマンが完熟したものです。 ピーマンよりもやわらかく、苦みがなくなり、甘味があるのが特徴です。また、赤ピーマンに含まれるビタミンCやβカロテンの量は、ピーマンの2倍以上あります。

  • カラーピーマン

    未熟な緑色のピーマンを収穫せずに樹で完熟させると、黄色やオレンジ、赤色へと変化していきます。緑のピーマンよりもビタミンCやカロテンが多くなります。写真のピーマンのヘタの部分を見ると、色の変化が分かります。

  • こどもピーマン

    細長く凸凹がなくツルっとしています。肉厚で苦みやにおいが少なく、子どもにも食べやすいピーマンです。

  • ジャンボピーマン

    長さ15~20cmの大きなピーマンです。一般的なピーマンに比べ、苦みやにおいは少なく、肉厚でパリッとしています。

ピーマンQ&AQuestion

赤いピーマンと緑のピーマンは栽培方法が違うの?
ピーマンは緑色の段階で収穫せず、樹上で完熟させると、赤くなります。赤くなるだけではなく、赤い色の成分であるリコピンが増えるなど栄養価も上がり、苦みが消えて、あまみが出てきます。

ピーマンの豆知識Knowledge

  1. 子どもが食べやすいピーマン
    カラーピーマンの赤や黄は熟したピーマンです。緑のピーマンより苦みが少なく甘みが増しているため、子どもも食べやすいのが特徴です。
  2. 縦切りと横切り
    ピーマンの繊維はヘタからお尻に沿って走っているので、栄養を考えるなら成分の流出を抑えるため縦切りに、青臭さを嫌う子どもには輪切りにして繊維を断つと、臭いが飛んで食べやすいです。
  3. においが気になる場合
    におい(青臭さ)が気になる場合は、さっと湯通しにするか、油通しにするのがおすすめです。
  4. 包丁がすべる
    皮はツルツルしているため、皮の内側から切ると包丁の刃がすべりにくくなります。

注目の野菜・フルーツPick Up

  • トマト

  • 桃(モモ)

  • メロン

  • 枝豆(エダマメ)

  • トウモロコシ

  • 梨(ナシ)

  • パプリカ

  • ズッキーニ

  • ピーマン

  • 茄子(ナス)

  • レタス